NOTE

黄金比でデザインする。

2020/08/09

DESIGN

こんにちは。Wërk HIROMIです。
突然ですが、皆さん「黄金比」ってご存知ですか?
黄金比(1:1.168)とは、人間にとってもっとも美しく感じられる安定した比率のことです。
例えば、有名な絵画や建築物などはこの黄金比によって設計されているので、時代を経てもなお「美しいもの」として存在し続けられるのです。
グラフィックやウェブの世界ではもちろん、写真・ファッション・建築・インテリア・ヘアメイクなど、「何かをデザインする分野」に携わる人はしっかりと学んでおきたいところですよね。
わたしの場合は、何かデザインをするとき、まず自分のバランス直感でレイアウトを決めてからフィボナッチグリッド(サークル)で整えてブラッシュアップしていく…というやりかたをします。
フィボナッチグリッドとは
こういうの。いわゆる黄金螺旋というものです。これを
こんな感じで。
今回は黄金比についての専門的解説は割愛しますが、このバランス調整をするのとしないのとでは結構違いがあるのです。
はじめから黄金比で計算してからでも良し。
自分の感覚プラス黄金比で整えるのも良し。
デザインの仕方に100%正解はないけれど、安定したデザインをするために黄金比はとても重要なことなのです。
またいずれ、黄金比について詳しく解説をしたブログを書いてみようかなと思います。それではまた○
Wërk DESIGN
Instagram @werk_ig

« | »

BLOG TOP

CONTACT

制作のご依頼・お問い合わせ・ご相談はこちらからお願いいたします。

CONTACT

※ご依頼・ご相談に関するお問い合わせは24時間以内のお返事を心がけておりますが、何らかの事情によりメールを確認または返信することができない場合があります。24時間経っても当方から返信がない場合は、お手数ですが再度メールの送信をお試しいただくか、SNSのDMなどをご利用いただきますようお願い申し上げます。